高校生 大学生向けのサマープログラムへの参加について

 

   個人
 条件を満たす全てのコースに参加することができます
グループ 

● 高校・大学の語学研修・体験研修コースをご希望のニーズに合わせた

  テーラーメードのコースをアレンジすることができます

● 他の国からの生徒・学生と一緒の国際色豊かなクラス編成

● グループの生徒・学生だけのクローズド(Closed Group) のコースにすること  もできます

高校生向けコース - Christ Church Cathedral School

Christ Church cathedral School

コース開催場所:Christ Church Cathedral School (オックスフォード)

  

年 齢 :17歳以下の生徒対象 

コース :英語とアクティビティの英語とオックスフォード体験コース 

開催時期:7月から8月に開催

施 設 :イントラアクテイブなホワイトボード、スポーツジム、

     最新のコンピュータールーム、図書館


大学生向けコース - Oxford University

オックスフォード大学

コース開催場所: オックスフォード大学 (コースの大半)

         OISC (コースの一部)

年 齢 :17歳以上の方向けのコース 大学生以上対象

開催時期:7月から8月に開催

コース :英語のレッスン+多くのアクティビティ+エクカーション

     20以上の選択科目あり

施 設 :大学の各施設を利用


アクティビティ

 

OISCでは、英国文化体験アクティビティーを、午後と夕方およびそれ以降に行っています

また、週末には終日研修旅行を企画しております

 

アクティビティ例

● オックスフォード市内では、博物館、美術館、大学訪問、

  市内を流れるテムズ河でのパンティング

● オックスフォード大でのランチ

● Oxford Union でのレッスン

● ウォーウィック(Warwick)/シェークスピアで有名な Stratford-upon-Avon,

     ローマ時代の遺跡を残すBath /オックスフォードのライバル都市ケンブリッジ、

     イギリスの宝石 コッツウォルズなどのカントーリサイドへの訪問

● プロフェッショナルな演劇俳優との演劇パフォーマンス

  英語を話す基礎とも言える自分に対する自信を持つことができるとともに、

  自分の意見を明確に伝えるプレゼンテーションにもつながります。

  何より、エンジョイできることが大事です。

 

アコモデーション(宿泊施設)

 

オックスフォードのホームステイ

オックスフォード大学学生寮 (16歳以上)

自炊可能な短期・中期滞在用ホステル

緊急時のリスクマネジメントについて

 

参加生徒が病気になった場合

 学校より5分のところに ドクター 学校から3マイルのところに病院があります

 

日本語が必要になったとき  アレンジが可能

 緊急時には日本語での対応が可能

 日本語での常時対応を希望の場合はオプションとしてアレンジ可能

 

緊急時における連絡網 (グループ)

 OISC(連絡網担当者)/学校(引率者、日本サイドの学校担当者  連絡網を事前に構築

 

緊急時における連絡網 (個人)

 申し込み時に、OISC, 申込者の連絡先(保護者自宅、勤務先等)、エージェントの連絡先を

 確認させていただきます

コース修了証書

 

コース修了時に参加学生・生徒に手渡されます

オックスフォードでの体験を証明します

 


 

OISCが考える 充実したコースとするために

 

以下のサービスを有料オプションとしてアレンジすることができます

 

● アクティビティ時につきそうバディ 

   参加生徒数名に一人 (ミニマム3名)

   オックスフォード大学生(学部生、院生)が、バディとして付き添い、

   一人一人が参加できるよう   気を配ります

   参加生徒・学生との更なるコンタクトを増やすためのシステムです。

 

● ホームステイ準備オンラインコース (コースは30日間アクセス可能)

 

● 一般英語のオンラインコース (初級から上級までの6コース、30日間アクセス可能)

 

Child protectionに関してISIよりGrade1評価 ー 安心と信頼

 

ジュニア(16歳以下)の生徒を受け入れる学校は、上記の法律を遵守することが義務つけられています。

学校は、法律が遵守されているかISIの監察を受け、順守度合いによりGrade付けされています。

OISCは、最高位のGrade1を評価を受けています。

 

 遵守法律について Child Protection Policy Safegurading Children

  • The Children Act 1989 and 2004
  • Education Act 2002, section 175
  • Local Authority Safeguarding Children Board Child Protection Procedures
  • DfES guidance ‘Safeguarding Children and Safer Recruitment in Education 2006
ISI Child Protection Policy Safegurading Children Health and Safety
英国の学校が、15歳以下のジュニア受け入れにおいて遵守すべき条件についての定められた法律
OISCは最高位のGrade1を取得
ISI Sageguarding children .pdf
Adobe Acrobat Document 193.7 KB

 緊急時のコンタクトリスト

 

 Police:   St Aldates                                                             01865 - 841148

 Doctor   : Beaumont Street                                                 01865-  240501        

 Oxfordshire Safeguarding Children Board:                            01865 - 810628

 Oxford Assessment Team:                                                  01865 - 323048

 Private Fostering Worker - Suzie Moss                                 01865 - 323167

 Local Designated Children's Officer: Barry Armstrong            01865 - 810603

 Hospital                                                                            01865 - 741166

ご担当の先生へのお知らせ

初めまして

Oxford International Study Centre校長の Carolynです。

 

日本のみなさんへメッセージを贈ることができる機会を得ることができ

嬉しく思います


 

OISCは、コースへ参加する生徒・学生たち、さらにご担当の先生に、

 

OISCへ来てよかった

 

と思えるコースを提供することを大きな目標としています。

 

教育は人を作ることです。

 

同じ教育に関わる人間として、国籍にかかわらず、伴にそのような場所を提供できることに誇りを感じています。

 

イギリスへお越しの際は、ぜひOISCにおいでください。

 

オックスフォード大学を含めたコース施設をご案内させていただきます。

カレッジ、オックスフォード・ユニオン、大図書館など世界に誇れる施設の数々をご覧頂きたいと思います。このような施設を利用してのコースを是非ともご堪能ください。

また

コースダイレクターとのミーティング・ホームステイなどの宿泊施設担当のアコモデーション・オフィサーとのミーティングも設定させていただきますので、何なりとご質問下さい。

さらに

授業を参観していただき、どのようなクラスマネジメントが行われているかご覧いただけます。

 

その上で、Oxford International Study Centre をご理解いただけると考えています。

 

Seeing is believing!!

 

近い将来、オックスフォードでお会いできることを楽しみにしています

 

校長 Carolyn Llewelyn

 

お問い合わせ

お問い合わせ

コースについてのご質問・お問い合わせは、日本語・英語 

どちらでも対応させていただきます